ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2020年

1月

19日

まだ使える?古いタオルの運命

古いスレン染めタオル

お店で使用していた古いタオルの行方をご紹介します。

当店はタオルの種類も数も一般的な店舗より多く、買い替え時も他店よりかなり早いタイミングです。

ですので、古いとはいっても捨てるにはもったいないタオルです。

 

お店で利用したタオルであることをOKしてくださる方に差し上げたり、雑巾にしたり、更に細かく切ってミニタオルに、ちょっとした掃除に使ってポイポイ捨てたりという運命です。

 

その中で、これはまだイケるかもねという物は友人にあげることもあります。

昨年「ほしい」という友人がいたので、リセッタの古いタオルたちは四国にお嫁に行きました。

リセッタで利用する機会のなかった新品のスウェットも一緒に、総勢50点ほどでしょうか。

捨てるのは忍びないので、誰かの役に立っているかと思うと単純に嬉しいです。

 

 

 

タオルと捨てると判断するタイミング、皆さんはどうやって決めていますか。

 

2020年

1月

19日

クリスマスローズ、1年ぶり地植えで開花

クリスマスローズ地植え

二年前にお客様から頂いた鉢植えのクリスマスローズ。

店内での役目を終え、自宅の庭に地植えして観察しておりました。

 

クリスマスローズは簡単に増えるという人もいれば、クリスマスローズは難しいという人もいて、なかばダメ元で植えていました。説明書によると半日陰を好むと書いていたので、その点だけは注意して場所を選びました。

 

春に植え替えたので、その冬は特に変化はなく、蕾も付かず、なんとなく葉は大きくなったかな、きもーち広がったかなという程度。枯れなくてよかった・・・という感じでした。

 

そして今年。

春から成長が見られました。葉も逞しく、茎も太くなっています。今年は期待できる。

そして冬。1月に花が咲きました!蕾もたくさん付いていて、みんな綺麗に開花できるのか心配になるほどです。植物って素晴らしいですねぇ。

 

一輪挿しにお店にも登場しています。

花もちが良く、数日元気に楽しませてくれます。

 

是非ご覧ください。

 

2020年

1月

13日

ギックリ腰を治す店ではありません

「横代でマッサージ店を探していた。」という男性のお客様が来店されました。

 

横代からだと車で15分(こまなければ10分)という距離感です。

 

初めて行った整骨院で自分希望で強く揉んでもらったら、直後から出た痛みが抜けず、怖くなって治療を止めたらしいです。。。(接骨院で強めを希望する、強めを承諾するということがイマイチよく分からないのですが(笑))

 

こういったケースをよく耳にするのですが、当店ではバキバキ、ゴリゴリという揉み方はしませんが、施術に不安がある方は前もってセラピストに相談してください。

 

例えば、ギックリ腰ですが【動けないほどの状態】【動けるけど中腰姿勢が怖いと感じる状態】【階段の上り下りに手すりがないと無理な状態】こういった状態のときに当店では施術をお断りしています。

常連様などで、どうしてもと言われると引き受けることもありますが、基本的には病院通院や自宅安静をお勧めしています。なぜ施術をしないかというと私たちの守備範囲ではないからです。「症状緩和」を約束できないですし、来店中、来店後の生活事故等があった場合など、誰に責任があるわけではないような場合でも、お互いに嫌な思いをするかもしれません。

 

当店では不定期ですがスタッフでお客様方の症状検討会をします。

誰か一人のスタッフに責任を押し付けるような接客をしたくないので、こういった曖昧な点を皆で考えています。

 

お客様も「この状態で自分はリセッタに行ってもいいのかな?」と思ったら、お電話で問い合わせてください。

 

2020年

1月

10日

そば茶屋 青空あみん 小倉南区市丸

青空あみんでの食事

秋にスタッフ皆で旅行へ行った時の写真です。

カメラマンは佐野サリーです。

 

ここは小倉南区市丸にある「青空あみん」という蕎麦屋さんです。

ここでお昼をいただいて、この後嬉野温泉へ向けて出発しました。

 

リセッタの小食代表の二人が並んでいますね。

神野と吉田は毎度食事のたびに胃と相談しながら注文するんですよ。

 

この時は胃の調子が良かったようで、食後に小さなぜんざいを頼んでいました。

 

小倉南区市丸にある「青空あみん」さん、テーブル個室もありました。

犬のハウス?もあったので、もしかしたら室内犬は同伴OKなのかもしれません。

蕎麦屋さんですが、うどんも一品料理もあって、夜も営業されてる?ようです。

 

北九州市小倉南区市丸442

093-777-5965

11:00-15:00 

18:00-23:30

月曜定休日

 

2020年

1月

05日

お年賀タオルは可愛いねずみ柄

年賀タオルプレゼント

今年のお年賀タオルは3柄あります。

なくなり次第終了ですので、来店予定のある方は”きもち早め”にお越しください。

1月15日くらいまではあるかな・・・という感じです。

 

今年はさらりと薄手のタオルです。全体に柄の入ったカワイイデザインなので、是非皆様に使って頂けたらと思います(*^^*)

 

 

初日の感じでは男性は紺色のみかんネズミ柄、女性は富士山と、ダルマ&赤ねずみが人気です♪

 

※リピーター様限定で配布しております。ご新規のお客様申し訳ないです!

2020年

1月

04日

ねずみ年は軽やかに

明けましておめでとうございます。

干支の先頭ねずみ年ということで、占いによると「昨年準備したことが走り出す」とのこと。

 

ほんまいかい!と思いつつ、新年になりました(笑)

 

新年は皆様どのようにお過ごしでしょうか。

昨今は「年末年始の休みはないよ」というお声もあり、あまりお正月ムードを感じない方もいらっしゃるようです。時代の流れなのでしょうか。

 

かくいう私もその一人で、お休みこそありますが「お正月」という子供の頃に感じていたキラキラはないですね。ニューイヤー駅伝と箱根駅伝のお陰でお正月を楽しめているようなものです。やはり、お年玉がもらえないからでしょうか(笑)

 

さて、本日より営業開始、吉田と佐野と一緒に元気にスタートしています。

皆様と一緒に軽やかに駆け抜けたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

 

2019年

12月

30日

今年もお世話になりました

小銭袋

本年も無事営業を終えそうです。

今年はなんといっても平成から令和に変わりましたね。

 

皆様にとってはどんな一年だったでしょうか。

 

リセッタは9周年を迎え、私の中でも目標としていた10周年へ向け歩み始めました。

こんなにも日々ワクワクとしてい続けられるものなのかと、自分でも感心しますが、本当に楽しく過ごしています。

 

先日、等に引退していてもおかしくない年齢のお客様が仕事を続けることの理由に挙げたのが「ずっとえばっていたいから(笑)」と冗談半分に教えてくれました。

 

来店時にいつも「体がきつい」というので、「仕事のペースを落としてはどうですか?」と聞いても「あなたもペースは落とせるの?」という具合ですし、「ゆっくりしたいけど、辞めたいと思わない」「静かにしたいのに、賑やかな所を選んでしまう」そういって、お正月は京都へ行かれるそうです。だからまだ元気なんです。ただそんな生活を楽しむ為には、リセッタでの心身のリセットは生活に欠かせないものだと言ってくださいます。

 

こういうお言葉にさらにやる気を出して、来年はさらに素敵なお店にしたいと思います!

本年もありがとうございました。

 

 

2019年

12月

28日

陶芸体験の完成品が到着

陶芸体験作品完成

秋に佐賀へ旅行した際に立ち寄った陶芸体験。

各自が作った作品が届きました。

 

完成品への最終整形、釉薬、焼は現場の方がやってくださるので、私たちがやったのは原型。

しかし非常に愛情が沸くものです!

 

年の瀬になんだか嬉しいプレゼントをもらった気分です。

 

2019年

12月

27日

スタッフの勤務状況が知りたい

スタッフをご指名される際に便利なのが、このカレンダーです。

ネット予約の際にスタッフを指名するとわかることなのですが、一目でわかるという点では優れていますよね!

 

このホームページの中にスケージュールが見れるページがあります。

常に確認したい場合はお気に入りに入れておくことで、気になったときにサクッと開けますよ。

 

スタッフ勤務カレンダー

2019年

12月

22日

「寒さ」と「乾燥」が永遠の課題

リラクゼーションサロンリセッタのベッドメイク

冬になると空調管理が難しくなります。

まずは「寒い」、そして「乾燥」この二つの課題があります。

 

夏よりも冬の方がお客様の「暑い」「寒い」の個体差が大きいと感じます。

その分、私たちも部屋のチョイス、ベッド使用のチョイス、着替えのチョイスといくつかの選択をします。

 

この写真はある個室の写真ですが、暖かい仕様です。

温度調節可能な温マットの上に、肌触りも良くて暖かい毛布を敷いています。

お客様が横になった瞬間に「ほわっ」と感じてもらえるといいなぁと思って行っていることもです。

 

ただし、これが全員に合うわけではないのです。

時間が経つとお客様は「暑い!」と感じる方もいます。もちろん、中には空調を含め「ちょっと寒い」という方もいます。

 

環境を整えるのは永遠の課題です。

課題だと思っているからこそ、リセッタではタオルの種類や毛布の種類も多いです。

私としてはとっても大事な部分と思っているので、これからもベストを目指します。在庫が増えて困るのですが・・・・(笑)

 

2019年

12月

19日

揉み納めは12月31日まで

リラクゼーションサロンリセッタの年末年始営業

北九州市小倉のリラクゼーションサロン・リセッタの年末年始営業について。

 

年内は12月31日まで営業します。

一年の最後の最後まで、私たちも(お客様を)揉み納めします。

 

年末年始は県外からのお客様もいらっしゃいます。過去には、一年の最後のお客様が宮城県からのお客様だったということもあります。もしかしたもう二度とお会いすることがないかもしれないけれど、そういったご縁も思い出に残りました。

 

どんな方にも「あ~、よかった」「最高だった」と思ってもらえるように努めます。

 

新年は1月4日から営業です。

土曜日ですので、10時開店です。

 

 

 

2019年

12月

15日

素敵な木工小物 飯塚市「杜の舟」

杜の舟

工房 杜の舟

福岡県飯塚市勢田119-12

☎09496-2-6799

金土日のみ営業

 

友人福澤さん小倉北区鍼灸サロンLivingと、娘っ子を連れて飯塚にある木工工房に行ってきました。飯塚というと遠いイメージですが、高速を直方インターで降りる経路で、徳力リセッタから約40分で着きます。

 

今回の目的はカワイイ娘っ子にグラム売りの小物を自由に選ばせてあげたいというもの。

あーだこーだと1時間ほど悩み、可愛らしい町ができました。

 

後半に素敵な塔があったので、ラプンツェルみたいと勧めたら本人も気に入って大喜びしていたのですが、福澤ママから「塔めちゃ重たいやん!」(グラム売りなので…)恨み節も言われましたが、楽しく過ごせて大満足で帰りました。

 

私は友人へのプレゼントも購入しました。木材は全て無垢で着色していないので、子供が舐めたりしても大丈夫。また誤って誤飲しないように呑み込めないサイズになっていたり、絶妙なんです。

 

私は平日予約をして特別に開けてもらいましたが、基本的には金土日が営業日です。

ドライブがてらいかがでしょう。

 

2019年

12月

13日

2019年最後のリセッタ通信です。

徳力リセッタの通信

早いものでもうクリスマスですね。

インフルエンザに罹ってしまったという声も聞きます。冬のよい過ごし方は分かりませんが、疲れやストレスを溜め過ぎないということは気を付けていただきたいと思います。

 

さて、年内最後のリセッタ通信をお配りしています。

裏面は年表です。お店では何が行われたのか、スタッフ各人のお出かけ情報など記載しています。

一年を総まとめしたスタッフのコメントもあります。

 

リセッタ通信も60刊を超えました。

内容の薄い濃いなど、今見返すと反省すべき点も多々ありますが、よくここまで発行し続けたなぁと嬉しくもあります。発行するポイントとして、「小学3三年生でもわかる感じ」裏面は「ひたすら読むもの」を意識して作っています。老眼で見にくいよと言われることもありますが、裏面はスタッフの別の一面も見れて面白いと好評です。長くリセッタに来てくださっているお客様が楽しみにしてくださっているのも励みです。

 

今はなきスタッフたちの足跡も残っていて、過去のリセッタ通信は私の中でも貴重なものになりつつあります。時々スタッフたちと見返すんですよ。懐かしく、そして気持ちを新たにさせてくれます。

 

継続は力なり。

2019年

12月

06日

癒しの子

昔私を魔法使いだと思っていた純粋な甥も中学生になり、「わかった」「いらん」「しらん」など簡単な言葉で返されるようになったので可愛くないです(笑)

 

そしてお喋りだったもう一人の小さい甥も小学生になりゲームにお熱。

こっちもお菓子や公園遊びで釣ることができなくなりました。

 

そこにきて、私のいまの最大の癒しがこの子です。

誕生日にはハッピーバースデイを歌ってくれます。当スタッフ公認のカエルの歌は吉田の大のお気に入りで完全保存版。可愛いこの時期を観察しているとこです。

この子は私に爪を切ってもらうのが好きみたいで、爪切りを毎回持ってきます。

切った後にきれいに爪の角を取らねばいけないのも彼女のこだわりです。自分の爪をほっぺたに当てて、出来を確認するあたりこまっしゃくれています。その時間がウトウトと気持ちいようです。

 

可愛いというのはみんなを幸せにしますね。

2019年

12月

04日

昭和37年北九州市立風師中学校

風師中学校卒アルバム

関東在住の伯父がお墓参りに帰省してきました。

うちの父とも元気なうちに昔話を楽しもうとアルバムを持参です。

 

今はなき、門司区にあった風師中学校を卒業し、八大付属(現九州国際大学付属高校)卒。

小学校は小森江西小学校とのこと。

 

記録に残る大水害が起こった日、家の中で野球ごっこをしていたため、気づくのに遅れた話。

戦後栄養失調で帰って来た父親が頼りなく、子供ながらに反面教師にしていたという話。

墜落した米軍機の落下物(歯車)を拾い、おもちゃにしていた話。

先祖が尾道から門司にやってきた話。

中学校の担任の先生が素晴らしい人だったという話。

 

行動力のある伯父は帰省するたびに恩師を訪ねたり、旧友と再会する場に参加していました。

自慢話4割、兄弟への愚痴2割、戦前中戦後話3割と明るく軽快にしゃべる姿に血筋を感じます(笑)

 

白黒写真もいいですね。