ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

店長日記

店長日記 · 2019/02/06
スタッフトミーが「運動したい」と言ったと思うので、レクレーションを開催することにしました。 トミーはバレーボール経験者なので、バレーボールがしたいということでしたが、さすがに私たちでは人数が足りないということで、少人数でもできるバドミントンになりました。 ここで面白いのが スタッフ神野「寒いので遠慮します」 スタッフ吉田「体調を第一に今回はパス」 主婦のスタッフ片岡を誘うにおよばず・・・・、ということは私とトミーの二人! もうこれはレクレーションではない。 ということもあり、私の友人を急遽お誘いしての開催となりました。 この写真はラケットを選んでいるところです。プレーはお恥ずかしいレベルなので割愛しました。 私も久しぶりに運動をしたのですが、楽しかったです。 1人で黙々とやるのは自分との戦いになりがちですが、複数人でやると盛り上がって楽しいです♪ 健康ブーム、運動ブームが分かるような気がします。

店長日記 · 2018/11/22
築39年の我が家のリフォーム。 母と私とで色々を決めてきましたが、照明計画で私が拘ったのは『照明を埋め込み式にしたい!』でした。 母は既存の照明を使えばいいのに・・・と小さな声で言っていましたが、埋め込み!です。 メーカーにはこだわっていなかったので、そこは営業担当さんにお任せしました。 それがこんな感じです。なにやら、スイッチで3色に変化するようです。そこまでは私も考えていなかったので嬉しい付加価値です。 我が家の1階は4つの部屋がありますが、そのうち3部屋で埋め込み照明を採用しまして、天井がスッキリ!ほこりを気にすることもなく、虫が飛んできたとしても激減でしょう!と期待しています。 LED照明の寿命が来た時のことは深く考えていませんが、後悔はありません。

店長日記 · 2018/11/16
カーテンはゆっくり好きな物を選ぼうということで、インテリアショップで目ぼしい物を探しました。しかし、母のお眼鏡に適う物がなく。業者さんがカタログを貸してくれましたが、素材感や全体のイメージがカタログでは分からないということで、以前知り合いに教えてもらっていたカーテン屋さんへ。 訪れたのは横代にあるマーサというカーテン専門店です。 以前は志井にありましたが、今は横代の方(サンリブシティの近く)にあります。 そこへ行くと、さすが専門店。 カーテン見本が所せましと置かれ、触ってOK、広げてOKとまさにこういうの求めしてました!という世界です。カーテンとロールスクリーンで迷っていた母も店員さんからのアドバイスに納得していたので、迷いや不安がある場合はプロに話を聞くのが最短です。 自宅にもすぐに採寸に来てくれて、すぐに見積もりも頂けて、サクサクでした。 迷っている方はマーサに一度行かれてはいかがでしょうか。 小倉南区カーテン専門店マーサ https://curtain-martha.co.jp/ ※店頭で私が選んでいたカーテンを写メで姉に見せたとこ

店長日記 · 2018/11/16
築39年の積水ハウスリフォームです。 リフォームにとりかかってすぐに判明した「水道管の劣化」 全部取り換えることになり出費は増えましたが、こうやって見ると換えて良かったと思えます。 今回のリフォーム工事の現場監督は39年前にこの団地工事に携わっていた方で、昔の工事の流れをわかっている方でした。良いことも、悪いことも分かっている方だと思うので私たち家族はこの現場監督の言うことにはおとなしく従っています(笑) 毎日工事を見に行くことができないですが、行けるのであれば毎日見たいです。 変な物を発見する事もありますが…

店長日記 · 2018/11/16
内装が終わり、業者さんの点検と一緒に我らもチェックします。 すでに至る所に付箋のようなものが貼られていて、壁紙の汚れや、ちょっとした始末の悪さなどが直されるようです。 そして、この画像です。 ドア枠の白(床の所)が気になる。ということを母が言いました。 ここに「枠」がくることは初めから分かっていたのですが、フローリングの世界観をなるべく崩さないはずだったのです。(本当は枠がくるのも嫌だったので) こういう色までは見積もり段階でチェックしていなかったので、こういう風に取り付けられて初めて気づくということになります。 私 「ここの白がちょっとイメージと違うので、違う色にできますか?」 担当者 「枠が白なので、おかしくはないのですが・・・茶色もあると思いますがどうかな・・・現場でもう一度確認しましょう」 当日 私「やはり、ここはフローリングに馴染む色にしてもらえますか」 担当者 「うーん。白、、、茶、、、どうかなぁ、、、」 私「(外構担当者女性)ねぇ、ここどう思う?私たちは玄関入ってすぐのこの白は違うよねって話てたんだけど。初めて見てどう思う?」

店長日記 · 2018/11/15
リフォームをやっていると、話し合いで詰め切れていなかった細かい仕様のことで気になることが増えてきます。これは見積もりを見ても分からない部分のことです。 例えば、壁紙クロスの貼る方向のこととか、調整のために造作してくれていたちょっとした板の質感のこととか、既存品を取り付けてくれたけど位置を確認してほしかったとか。思い出せばたくさんある気がします。図面と睨めめっこする時期には想像もできなかったことが多少は起こります。なので、これからリフォームされる方にお勧めなのは、「言いやすい担当者さんに依頼すること」です。施工主としてお金は払っていても、作ってくれている職人さんたちに自分の違和感を伝えるのは雰囲気的にも難しいです。ですから、そんな時は営業担当者さんにどんどん意見を言うべきです。「頼みやすい人」「すぐに返事をくれる人」「依頼者の価値観を理解できる人」こういう人に頼めば良いと思います。 今回私が施工を頼んだのは積和建設という高野にある会社です。 積水ハウスリフォームのリフォーム規約に我が家が当てはまらなかったので、関連会社である積和建設に頼むことにしたのです。まだ工事は終わって

店長日記 · 2018/11/12
フェンス選びは母がしました。 YKKのルシアスをいう製品です。軽く木目調が入っています(?) 我が家はこれを8メートルほどの長さで設置しています。フェンス選びは母がしました。 YKKのルシアスをいう製品です。軽く木目調が入っています(?) 我が家はこれを8メートルほどの長さで設置しています。

店長日記 · 2018/11/06
玄関のタイルが貼られていました。 このタイルはリクシルのブルーノという物です。 写真ではベージュっぽく見えますが、実際はグレー色です。 従来の奥行を30㎝カットされ、このような感じになっています。 手前に崩された痕跡があります。150センチあった玄関も120センチに・・・なんだかちょっと寂しいです。広いのが好きだったので・・・ 築39年の積水ハウスのリフォームも中盤です。 後半の外構工事では、決めなければならないことがあります。 それは、アプローチのステップ(階段)をどうするかということです。工事前の図面の中では答えが出せなかったので、ギリギリに決めてもいいですよという言葉に甘えています。 利便性(車が当たらないようにする)をとるか、外見(見栄えがいい)をとるか。 普通は利便性をとると思うのですが、我が家は悩んでいるのです(笑)

店長日記 · 2018/11/04
今回のリフォーム、玄関はYKKの親子ドアが入っています。 「ドアリモ」というリフォーム用の製品みたいです。 明るいのが好きという母の意見の元、全面FIXガラス(はめ殺し)となっています。 この玄関ドア、はじめは三協アルミというメーカーで設定されていました。 従来の玄関ドアは欄間タイプの玄関ドアで、欄間の部分は木で光などは通さない作りでした。 今回のリフォームでは母が「欄間はださい」とのことで、欄間なしの玄関ドアを探していました。 欄間部分もドアとなると、かなり大きなサイズとなることから、当初は「少し高さを抑え、うまくはめ込みます」という予定で製品を選んでいました。 しかし営業さんと、施工責任者さん?とが現場でもう一度確認したところ、高さを抑えるのはいいけれど、我が家の元々あった(これからもある)玄関を縁取るタイルとのデザイン性の問題で、「(見た目が)きれいに収まらない可能性がある」とのことで、急遽メーカーを変え既存の枠のまま再生できる瀬製品を選んだ(それがYKK)という経緯です。 私などは素人ですから、どのメーカーが良いとか、施工段階

店長日記 · 2018/11/01
玄関タイルはグレー色を選んだつもりですが、見るたびにベージュ色に見えだしました。 これからリフォームする方はこういったタイル選びは使用する現場で決めた方がいいと思いました。 私はこれを家の中でタイル見本を見ながらきめたのです。ですから、照明の関係で実際との差がでたと思います。この色で不満はないですが、気を付けた方が良いポイントです。

さらに表示する