ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2017年

8月

02日

当たりしかないクジ引き実施中

8月に入り、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年の夏は暑いそうなので、覚悟と対応が必要です。

私も夏休み真っ盛りの甥っ子たちをプールに連れていく約束をしているので、塩飴を買い込んで応戦するつもりです。

 

さて、リセッタでは「全員に当たる!スピードくじ」を行っていますが、秋で7周年を迎えることもありまして、長年の感謝を込め大還元クジとなっています。スタッフもやや引き気味なくらい当たっています(笑)ご来店の際はお楽しみください。

 

2つのキャンペーンコースは「ウォッシュ無料サービス中!」です。

新しい香りも追加され、癒し時間開始にうってつけです。この機会に是非ご試用されてみてください。

 

続きを読む

2017年

7月

26日

ウォッシュ専用新しい香り入荷

夏のキャンペーンは“ウォッシュ無料”です!

 

普段ウォッシュをされない方も、夏場は汗ばんだ足をサラリと洗うと施術前に気分が良いですよ。

香りも今回追加となっています。

 

左は女性向け、右は男性が好きかな・・・というイメージでご用意しています。

もちろん、当日好きな物をお選びください。

 

ウォッシュ自体は通年行っているコースです。

一回 500円です。

 

 

 

〇〇アプリ予約してみませんか〇〇

リセッタでは皆さんがお持ちのスマートフォンに当店専用のアプリをダウンロードいただくことで予約画面をより簡単に表示することができます。

 

他にもお得なキャンペーンも掲示されていますので、お得を逃すことがありません。

スタッフ指名も楽々です。(指名料は無料)

ポイントカードとは別のアプリポイントが貯まります。

 

年に数回リセッタをご利用であれば、アプリ予約はおススメです。

2017年

4月

01日

この茶色い画面サイトからは予約できません

↓この画面からは予約はできません。

旧予約サイト:https://www.peakmanager.com/online/index/f8a9i8

 

続きを読む

2017年

3月

24日

胸マット使用バージョン

リセッタにはお客様に使用する様々な道具があります。

利用頻度によってはお蔵入りの箪笥の肥やしになってしまうものがあります。

 

お蔵入りする前に、もう一度「本当にお蔵入りしなくてはならない物なのか」検証してみる必要があります。手技と一緒で、私たちが勝手に「いる」「いらない」と決めているだけで、ちょっとした手間を省いた結果の慣習となっているだけのものもあるはずです。

 

小さいことを許す大らかさも必要ですが、手間を惜しみ続けては行きつく場所は知れています。

今月は研修月間です(しつこいでしょ)めんどくさがらずに色々試してみるときです。

 

写真は胸マットを入れ込んだバージョンです。

胸や背中の厚い人には合うようです。温マットの下にいれるので温マットの温かさも無駄になりません♪

2017年

3月

21日

自らをも欺くからだ。

研修月間です。

今回は動きのチェック編です。

 

通常お客様に動診を行うことはありませんが(行った方がいいのですが)、今回は主訴はないけど主訴を見つけるバージョンです。

今回吉田に主訴はありません。 主訴なし:特に体のことで気になっていることはない状態

 

私 「体が硬いから、まずはラジオ体操をしてみて」

吉田 ダラダラ体操する

 

私 「ラジオ体操はなめちゃいけない。特に肩や腰の捻り運動はちゃんとして」

吉田 アイタタタタ。あー、よいしょ。。。

 

私 「その左腕の動き、おかしくない?もっと回してみて」

吉田 アイタタタ。あれ!なんか痛い。肩より腰が痛い!

私 「腰?」

吉田 「左の腰。この辺!あー、痛い!普段こんなとこ痛くなることないのに」

 

私 「じゃあ、とりあえずほぐしてみよう」

吉田 「そこ、何番ですか?仙骨?」

私 「エル5。」

5分ほどほぐします。

 

さぁ。もう一度。

 

吉田 「あ、回る。腰も痛くない。なんか、さっきより骨盤が前に来た感じがする」

 

という具合な研修でした。

実際はもっと色々行ったのですが、一部ご紹介しました。

 

安静時に痛くなくても、動かすと痛い、普段の動きでは痛くないけど、ちょっとグイッとやると痛い・・・今回の吉田の様に、普段痛くはないのに、いつもとちょっと違った動きをすると痛むというのがあります。その後吉田の調べで痛かった場所は「腰の反りに重要な場所」であること。同じく連動する場所として足の踵(かかと)も重要だそうです。

 

体ってすごいですね。

弱い部分を本人にも隠して、違う部分で補うんですからね。