ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

店長日記

店長日記 · 2018/11/16
築39年の積水ハウスリフォームです。 リフォームにとりかかってすぐに判明した「水道管の劣化」 全部取り換えることになり出費は増えましたが、こうやって見ると換えて良かったと思えます。 今回のリフォーム工事の現場監督は39年前にこの団地工事に携わっていた方で、昔の工事の流れをわかっている方でした。良いことも、悪いことも分かっている方だと思うので私たち家族はこの現場監督の言うことにはおとなしく従っています(笑) 毎日工事を見に行くことができないですが、行けるのであれば毎日見たいです。 変な物を発見する事もありますが…

店長日記 · 2018/11/16
内装が終わり、業者さんの点検と一緒に我らもチェックします。 すでに至る所に付箋のようなものが貼られていて、壁紙の汚れや、ちょっとした始末の悪さなどが直されるようです。 そして、この画像です。 ドア枠の白(床の所)が気になる。ということを母が言いました。 ここに「枠」がくることは初めから分かっていたのですが、フローリングの世界観をなるべく崩さないはずだったのです。(本当は枠がくるのも嫌だったので) こういう色までは見積もり段階でチェックしていなかったので、こういう風に取り付けられて初めて気づくということになります。 私 「ここの白がちょっとイメージと違うので、違う色にできますか?」 担当者 「枠が白なので、おかしくはないのですが・・・茶色もあると思いますがどうかな・・・現場でもう一度確認しましょう」 当日 私「やはり、ここはフローリングに馴染む色にしてもらえますか」 担当者 「うーん。白、、、茶、、、どうかなぁ、、、」 私「(外構担当者女性)ねぇ、ここどう思う?私たちは玄関入ってすぐのこの白は違うよねって話てたんだけど。初めて見てどう思う?」

店長日記 · 2018/11/06
玄関のタイルが貼られていました。 このタイルはリクシルのブルーノという物です。 写真ではベージュっぽく見えますが、実際はグレー色です。 従来の奥行を30㎝カットされ、このような感じになっています。 手前に崩された痕跡があります。150センチあった玄関も120センチに・・・なんだかちょっと寂しいです。広いのが好きだったので・・・ 築39年の積水ハウスのリフォームも中盤です。 後半の外構工事では、決めなければならないことがあります。 それは、アプローチのステップ(階段)をどうするかということです。工事前の図面の中では答えが出せなかったので、ギリギリに決めてもいいですよという言葉に甘えています。 利便性(車が当たらないようにする)をとるか、外見(見栄えがいい)をとるか。 普通は利便性をとると思うのですが、我が家は悩んでいるのです(笑)

店長日記 · 2018/11/04
今回のリフォーム、玄関はYKKの親子ドアが入っています。 「ドアリモ」というリフォーム用の製品みたいです。 明るいのが好きという母の意見の元、全面FIXガラス(はめ殺し)となっています。 この玄関ドア、はじめは三協アルミというメーカーで設定されていました。 従来の玄関ドアは欄間タイプの玄関ドアで、欄間の部分は木で光などは通さない作りでした。 今回のリフォームでは母が「欄間はださい」とのことで、欄間なしの玄関ドアを探していました。 欄間部分もドアとなると、かなり大きなサイズとなることから、当初は「少し高さを抑え、うまくはめ込みます」という予定で製品を選んでいました。 しかし営業さんと、施工責任者さん?とが現場でもう一度確認したところ、高さを抑えるのはいいけれど、我が家の元々あった(これからもある)玄関を縁取るタイルとのデザイン性の問題で、「(見た目が)きれいに収まらない可能性がある」とのことで、急遽メーカーを変え既存の枠のまま再生できる瀬製品を選んだ(それがYKK)という経緯です。 私などは素人ですから、どのメーカーが良いとか、施工段階

店長日記 · 2018/10/31
お家は壁紙を貼る作業中でした。 壁紙が貼られるだけで、一気に雰囲気が出てきます! そこで「あ!ここ違う!」と気づいたのがココ、トイレです。 この写真では見難いですが左側の壁紙は青色っぽい壁紙なはずなんです。 ただ、この時には確信が持てず、写真だけを撮って営業担当さんに問い合わせしました。 「ここの壁紙、違うと思うんですけど、調べてもらえますか・・・」 すぐに担当者さんから返信があり 「違いますね。大変申し訳ないですです。」 はい。そういうことで、修正がなされることになりました。 リフォームが実行されるまでに10回くらいは打ち合わせをします。すんなり決まるものもあれば、二転三転することもあります。工事が始まり、のんびり過ごしていると、最終的にはどうすることにしたんだっけ?というような状態になり、トイレの壁紙が違う!ということにもちょっと自信がもてなかったりしたのです。 発注ミスだったようですが、こういったロスが出るかと思うと、請け負う側も大変ですね・・・と妙に同情したくなりましたが。ここはしっかり合わせていただいて、完成を見守りたいと思います。

店長日記 · 2018/10/24
担当の方から連絡があり 「外壁の最終確認をしたいので、お時間を・・・」とのことで、私はドキッとしました。 また何かトラブルでもあったのだろうか・・・ また追加で工事費がかかるのではないだろうか・・・ 予算通りいかないのがリフォーム(と思いました) ところが、当日、最終確認ということで5分で終了。あっけにとられました。 外壁担当者「事前にお渡しした完成予想図ではココが白なんですけど、屋根瓦の色になるべく合わせた方がいいと思って、変えようと思いますがいいですか?それのほうが引き締まると思うんですよ。」 私「そういうことですか、、、。はい、お願いします。」 たったこれだけのことで呼ばれたのかと思いましたが、冷静に考えると大事なことですよね。たったこれだけの事!と思っても変更は変更ですから、家主に現地で見て了解を得るというのは誠実なやり方です。信頼できる方だなと思いました。 あまりに早く終わりすぎ、コメダ珈琲でモーニングを食べました。

店長日記 · 2018/10/20
築40年近い積水ハウスの我が家、1階部分を全部リフォーム中です。 1階部分の間取りは3DK(4.5和1押入れ、6和2押入れ、8リビング、8キッチン)それに玄関スペースや水回り設備があるという間取りです。これを今回間取りはそのままに和室などを洋室にして、外壁や外構工事を施します。 さて、この青いのは断熱材だそうです。 和室だった2部屋の床には断熱材がなかったそうで、職人さんが床下から潜って貼り付けてくれたそうです。事前にもらっている見積もりには記載されていないので「サービス」なのでしょう。たぶん・・・。自分で見学にいったからこそ知ったことで、行っていなければこうしたサービスを受けていたことに気づかなかったかもしれません。 工事が始まって、これまで何回か見に行きました。 クローゼットの奥行が違うのに気づき、職人さんに「確認してください」という場面がありました。 階段の養生が甘く、2階にほこりが流れていそうだったので、「ちゃんと閉めてください」とお願いしました。庭に置いている倒れるはずのない観葉植物鉢が行く度に倒れていて、不審に思っていることもあります。四六時中見学で

店長日記 · 2018/10/08
我が家の水道管劣化が激しく、全交換することになりました。 見積もりは13万ほど。今回初めての追加料金発生でもあります。 ただ、金額に限らずこれはやるしかない工事でしょう。 そもそも40年前の積水ハウス。 建売で購入した両親も“宅内の水道管が土の中”ということを気付くこともなく、今のようにベタ基礎のような時代でもなかったのでしょう。積水ハウス関連業者に今回のリフォームを頼んでいますが、その方たちも苦い顔をしていたので、昔とはいえちょっと工法に問題があったかもしれませんね。 ただ、もう40年。随分頑張ってくれた水道管。 今度からは錆に心配しなくてよい設置方法でやってもらえるそうです。 土の中に埋まっていた部分は首の皮一枚でなんとか踏ん張っていたようで、解体のおじさんが掘ってちょっと叩くとポキッと折れてましたから・・・ この付近の同じようなお家の無事を祈るばかりです。

店長日記 · 2018/10/03
断熱材はここに見えただけで、他の壁にははいっていませんでした。 今の新築だったら必ず断熱工事ははいりますもんね。我が家がどおりで寒いはず。 でも今後も断熱材入らないんですけどね(笑) 天井には40年前の断熱材。家のまわりは断熱材なし。床下は断熱材あり。ただし、今回和室⇒洋室に変更する部分には断熱材が入っていなかったので、職人さんが床下に潜り断熱材を敷いてくれたそうです。ですので、床は断熱材ありに変身です。

店長日記 · 2018/09/27
いくつかお勧めのポストを建設会社さんがピックアップしてくれていました。 予算の流れ的にも、この辺でどう?ということで、カタログ内では比較的安価なものをチョイスしてくれています。 「ではこれで。」 私がさっさと決めました(笑) 拘り派の母はポストには関心がない様子・・・。 リフォームは選択の連続!今日良いと思って選択しても、明日には「やっぱり・・・」なんて気持ちになることも多々!その度に営業さんに「どう思います?」「変えても良いですか?」です。 それにしてもカタログ内のポスト、どれも4万以上するんですけど、なぜにこんない高いのでしょう・・・。不思議。 最近は新築の間取りを考え中のお客様と、あーだこーだお話したり、大規模リノベーションをしたお客様からアドバイスを頂いたりしていました。皆さんの経験や知識を頂いて有難かったです。 さて、そろそろ我が家一旦引っ越しです。 なんせ大量の物がありますから、戦です。

さらに表示する