ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2016年

8月

29日

フィルム看板を自分で貼る

通りを歩く人へアプローチしてくれる宣伝フィルムですが、中から見るとこんな感じです。

自分たちで貼ったのですが、結構大変でした。3年以上も前の話です。

 

今はインターネットでこういったものも買えるので、看板屋の営業さんが来てくれて・・・という風な段取りをとると、かなり金額の差が出ます。(インターネットが安いです)

1つ不安があるとしたら、「上手に失敗せずに貼れるかどうか」ということでした。

 

購入したサイトでは動画で貼り方を紹介していて、それでも実際はどうかなと疑いつつも自分たちでやることにしました。こういった点が難しい所です。半額とは言っても失敗すれば意味がないですからね。

 

また、私の場合は以前、貼った経験があることも決め手でした。

 

貼る最中は気泡がそれなりにはいります。

マニュアルでは多少のものは時間経過後自然と抜けてくるとのことでしたが、実際経過後にも抜けませんでした。これは困ったと思って、購入先に聞いてみたりしましたが、それ以上の解決策は提示されず、、、「失敗からの方へは再購入時に割引価格で出しますよと。」ちょっと我々と温度差のある回答です。

 

 

完ぺきではないけれど、それなりに貼れていて、遠くからなら全く問題ないレベルなのですが、私自身がすごく気になってしまい、カッターで少し穴をあけたりして地道に気泡を消すことになりました。

 

その甲斐あって?なかなかキレイにあがりました。

でも裏面の擦り痕みたいなものは残ってしまいました。

 

そういった総合的な苦労と失敗して再購入かもというリスクを負えるかどうかが判断基準です。

器用な人にはお勧め。失敗も多少許せるならお勧め。思い通りに完璧を求めるなら業者。すなわちプロに責任を負ってもらう方が結果的にお得。

 

今度いくつか看板を新しくしようと思っていますが、それもインターネットを使って注文しようと考えています。素材を見ることができないので、素人には分かりにくいこともありますが、やはり安いのです。また出来上がったらご紹介したいと思います。