ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2016年

2月

23日

花粉症感じてませんか?

梅も咲く2月、花粉症の季節も到来です。

 

今月号のリセッタ通信を「花粉症記事」にしようかと悩みましたが、2月は花粉症ですよ。

花粉症ってどんな症状かと言いますと、「風邪の諸症状」+「目のかゆみ」です。

 

個人差はありますが。

 

今年初めて花粉症になってしまう人もいると思いますので、どんな対策があるのかお伝えします。

 

【粘膜を守る!】マスク着用必須。

目や鼻の粘膜に花粉がついてしまうとアレルギー反応が出て諸症状がでるという仕組みですから、粘膜を守る!は即効性があると思います。

 

もしアレルギー反応が出てしまったら・・・

【漢方】【鼻洗浄】が効果があるようです。

*厚生労働省の調査で50%効果ありを獲得。(50%ですけど。。。)

 

鼻洗浄は一度もやったことない人がやるのは勇気が必要です。

器具も衛生的にしておかなければならないので、一般的ではないですね。

漢方も良いみたいですが、薬剤師さんに相談の上、お買い求めください。

 

耳鼻咽喉科などの「薬」を処方してもらうというのもあります。

副作用に注意してご利用ください。花粉成分といっても色々あるので、自分が何のアレルギーに反応しているのか血液検査してもらうのもいいですね。

 

ではまとめ。

  1. マスク着用で花粉を体内に入れない!
  2. 花粉の多い日は外出を控える!
  3. 帰宅したらすぐにうがい!顔洗い!
  4. 家では窓の開き閉めに注意!