ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2015年

5月

30日

叔母さん稼業も楽しく

子どもというのは面白いですね。

 

先日甥っ子に「そろそろ他人から必要とされる人間になれ」と言いました。

GW中に特段何もせずダラダラしていたようなので、用事を頼んだのですが、動きが鈍かったのです。

 

※この話を吉田にしたら「小さい子に必要とされる人間に・・・って早いでしょ」と言われましたけど(笑)

 

 

看板を作った時に余った塗料を使用し、塗り替えてもらうことに。

「暑い」「手に付いた」色々言いながらやっております。

 

作業後の出来を見たところ、結構上手にできているのです。

こういった作業は性格が出ますからね、几帳面にやるなぁと成長に感心したのです。

 


 

 

昨年は公園で年上のお兄ちゃんに「お前、イケメンやな!」と言われ、下を向いて帰って来た甥。

イケメンの意味が分からず、責められたと思ったようで数日悩んでいたようです。

 

 

たまたま居た私に「ねぇ、イケメンちどういう意味?」と聞いてきます。

親にも相談できない微妙な年頃なのでしょうか。

 

 

私 「誰に言われたん!」「みんなの前で言われたと!?」

 

ちょっとビビってくる甥。

甥 「・・・・なんかね、公園でね、お兄ちゃんがね、〇〇(自分の名前)にイケメンやの。っち言ったと・・・」

 

私 「あんた、言い返さんかったと?」

 

甥 「・・・・・そう。」

 

 

私 「イケメンってね・・・・・・・・・・、カッコいいやん!っていう意味よ(笑)」

 

甥 「エッ!?そうなん・・・。」ホッとした感じ。

 

 

知らないことを知らないと言えない年頃なのでしょうか。

 

 

時々こういうエピソードに出くわすので叔母さん稼業も楽しいもんです。

他にも4歳になるおしゃべりな甥のエピソードは、ここでは語りつくせません。

楽しく頼りになる叔母さんになれるよう、私も訓練中です。