ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2015年

5月

10日

喜ばせてあげましょう。

今日は母の日です。


リセッタでは母の日ということで、薔薇を飾っています。

カーネーションもいいですが、薔薇もなかなかです。



リセッタでは妊娠中のお客様も安定期に入っていて、産婦人科医の先生が「いいよ」という方にはご案内をしています。近所にはみちおかレディースクリニックがあり、定期検診の帰りに・・・というお客様も多くいらっしゃいます。


そして、最近では子どもを出産して1年経った。というママたちの一年越し来店というのも増えています。

子どもから離れられないので、外出が難しい(>_<)


旦那ではまだ子どもをあやしきれない(>_<)


旦那に任せるのは賭けだけど、とりあえず限界まで頑張ってもらうことにしました(>_<)


というパターンが多いです。



それ故、どうしても子どもが泣きやまず、旦那様からのSOS電話がなり、早々に切り上げることもあります。

ママはかなり残念そうですが、致し方なし。そんなこともあります。



母の日に何が言いたいかというと、

妊婦さんだったお客様がママとなり、またリセッタに来店してくださることが大変嬉しいわけです。



出産前とは明らかに違う疲れ箇所の変化。

これは妊娠した女性ならではの変化ですので、私たちも大変勉強になります。


今、そんな妊娠中の方の為の、より良い対応策をスタッフで話し合っています。

妊娠中の女性の体は変化が激しいので、一般的なお客様と同様に案内するには無理があります。


妊娠中のお客様の施術をお断りするお店が多い中、なぜ自分たちは受け入れるのか、どうして施術をするのか、どうすればもっと楽に受けて頂けるのか、、、確実な答えがなく、経験があるということだけで軽くスルーしてはいけない壁を抱えています。


それでも【喜んでいただく】【楽になっていただく】ことに邁進します。


母の日、男性陣は女性にお花をプレゼントしてくださいね。

喜びますよ。(喜びって、なかなか一人では作りだせませんからね)